火災保険申請プロ

火災保険申請プロの画像1
自然災害の専門知識を持ったスタッフがサポート!調査と書類作成も無料で対応
会社名株式会社ライノワークス
所在地大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-6-1
電話番号0120-897-535
代表者犀川 裕基
事業内容採用コンサルティング
求人広告総合代理店
採用アウトソーシング
デザイン制作
火災保険申請サポート

「火災保険申請プロ」は、日本全国に向けて火災保険のサポートをしています。火災の他にも自然災害にも対応可能となっているほか、これから保険を申請しようとしている人にとっては嬉しいサポートがたくさんあるのです。

早速、火災保険申請プロを活用する魅力について、より深くチェックしていきましょう。

火災保険申請プロの公式サイトを見てみる

火災保険申請プロの特徴①家屋調査と書類作成も無料!

火災保険申請プロの画像2
「火災保険申請プロ」は、火災保険を知らない人にも優しいサービスを行なっています。日本は台風や地震などの自然災害が多い地域としても知られており、火災保険への加入率は80%を超えます。

しかし火災保険を自ら申請する人は僅か15%で、火災保険に対してまだ知らない人がたくさんいるのが現状です。保険について知らないことがあると、どうしても損をしてしまう確率が上がってしまいます。

そこで火災保険申請プロは、火災保険で損をする人がいなくなるよう、きめ細やかなサービスを行なっているのです。火災保険申請プロはさまざまなサービスを行なっていますが、代表的なものは「建物の損害調査」と「保険申請のサポート」といえるでしょう。

建物の損害調査では丁寧な調査を行うため、原則は目視で確認を行なっています。例外として、狭い場所や、確認が難しい場所には小型ドローンを使ったり、高所カメラを使ったりして細部まで徹底的に調査しています。

とくに台風や地震があった直後は、傷や歪みなどの被害はないかという確認はプロに任せることをおすすめします。プロならば念入りにチェックしてくれるので、調査に無駄がありません。

また、保険申請のサポートでは、家屋調査から書類作成に至るまで無料で行なっています。いずれの地域でも出張費は無料で調査に来てくれるため、迷っている人は気軽に連絡してみるとよいでしょう。

さらに被害がなかったり、申請がおりなかったりした場合、費用はかかりません。火災保険申請プロは完全成果報酬型なので、実際に保険がおりたケースのみ成果報酬がかかる仕組です。

もちろん、保険の申請は自分自身でも可能です。しかし自分で保険を申請するには、自分で屋根に登って経年劣化ではない傷を探して写真に撮らなければならないので、一般にはとても難しい作業になってしまいます。

火災保険申請プロに依頼すれば、面倒な調査や書類作成もきちんと行なってくれます。火災保険の申請でわからないことがあっても、丁寧に対応してくれるでしょう。

火災保険申請プロの特徴②正確ながらもスピーディーな対応が魅力

火災保険申請プロの画像3
火災保険申請プロの魅力は丁寧なサポートのほか、正確さと速さを兼ね備えた対応にあります。たとえば火災保険申請プロと契約した顧客は、調査から保険金受給まで平均12日で給付金を受け取っています。

「保険を申請しても給付日数が遅く感じてしまう」と思っている人にとっては、とても嬉しい情報です。なかには、火災保険を申請したとしても面倒だと感じる人も少なくありません。

ところが火災保険申請プロであれば平均12日で給付金を受け取っている例がたくさんあります。こういったスピーディーかつ正確な対応は、スタッフが普段から顧客を第一に考えてサービスを行なっていることの表れです。

「損をする人が一人でも減らせるように」と考え抜かれたサービス体制は、火災保険の加入を検討している人の心強い味方になってくれるはずです。また、火災保険に加入していても「まだ保険を申請したことがない」という人にも、パートナーとして役立つ情報やサポートを提供してくれるでしょう。

火災保険申請プロの特徴③さまざまな知識を持ったスタッフが丁寧にサポート

火災保険申請プロの画像4
火災保険申請プロは火災保険だけでなく、自然災害の専門知識をもったプロのスタッフを揃えています。火災保険で意外と見落とされがちなのは、火災以外の自然災害も補償対象になる点です。

台風や雪、ひょう、突風、雷、豪雨などの災害でも火災保険は適用される場合があるので、忘れないようにしておきましょう。なかには「自然災害といっても大規模な被害でなければ保険はおりない」と考える人もいますが、自分自身では気が付かないような小さな傷であっても火災保険の対象になります。

火災保険申請プロのスタッフは、調査から保険金申請のサポートまで丁寧に説明してくれるため、とても頼りになる存在です。また保険金がおりたとしても使い道は自由です。使い方を保険会社に連絡する必要もありません。

火災保険申請プロが行なったアンケートでは、全体の80%以上の人が保険金を修繕以外に充てているのです。たとえば貯蓄や子どもの学費、旅費などに使われていることが多いため、保険を申請して得をしている人がたくさんいることがわかります。

さらに火災保険は自動車保険などのように、使用しても保険金が上がってしまうわけではありません。次回の申請が左右されることもないため、被害が発見される度に申請できるのです。保険申請でのトラブルを避けるためにも、プロのスタッフがいる火災保険申請プロに相談することをおすすめします。

火災保険申請プロの特徴④確かな給付実績

火災保険申請プロの画像5
火災保険申請プロには、確かな給付実績があります。関西エリアを例に挙げると、ニッセイ同和が提供する火災保険に加入していたとある大阪在住の人には、風災で211万1,720円の給付金がおりています。

また、三井住友海上の保険に加入していた奈良在住の人は、風災と地震保険と合わせて134万412円の給付金の受け取りに成功しました。これらの給付金がおりた背景には、火災保険申請プロの正確かつ丁寧な調査があります。

このような大きな金額が平均12日ほどで振り込まれるとあって、火災保険申請プロのサポートがどれだけ多くの人の力になっているのかがうかがえるでしょう。火災保険に3年以上加入している人は、正しく活用すれば実質無料で平均120万円も受け取れます。

しかし受給できるのにも関わらず、保険会社から申請するように連絡がくることはありません。そのため火災以外でも自然災害による被害があった場合は、必ず保険を申請したほうがお得です。

「自己所有物件」「築3年以上」「火災保険に加入済み」という3点が当てはまれば、誰でも火災保険金を受給できる可能性があります。プロに調査を依頼すれば、どの家庭でも平均3〜4ヶ所は損傷が発見されている点も、併せて覚えておきましょう。

まずは電話やメールで問い合わせてみよう!

火災保険申請プロでは、受給対象の人に向けてLINEにて30秒で問い合わせできるサービスも行なっています。そのほか、電話やWEBサイト内の問い合わせフォームでも相談を受け付けているので、気軽に連絡してみましょう。

火災保険申請プロの口コミ・評判を集めました

匿名
安心して任せられた
火災保険の申請ができると聞いた時は正直驚きと戸惑いがあった。ただ、話を聞いていると「確かにそうだな。」と納得できるポイントがあったのでお願いしてみた。そちらから不正申請はできないと言われた点も印象が良くなって安心できたところ。

引用元:https://kasaihoken-shinsei-pro.studio.site/

この方は、最初驚きと戸惑いがあったそうですが、話を聞くと納得できるポイントが多く火災保険申請プロへお願いしてみたそうですね。不正申請はできないとはっきり言われた点も印象が良く安心してお任せできたとのことです。火災保険申請プロでは専門知識を豊富に持つプロのスタッフたちが迅速な対応を行っています。なので、もし分からないことや不安なことが多いという方でも気軽に相談することができ、的確な対応をしてもらえるため安心です。
匿名
台風が来て1年経っていたのに…
「屋根を点検したことはありませんか?」と言われ、ハッとしたのが申請するきっかけでした。10年近く住んでいると、気が付かない傷もあり、台風での傷かそうでないかの見極めは素人では無理だなと感じました。もちろん、屋根に登るなんて絶対できません。すべて火災保険申請プロに任せて正解でした!

引用元:https://kasaihoken-shinsei-pro.studio.site/

この方は、屋根に関することで火災保険申請プロに相談したそうですね。確かに、屋根を確認するのは基本的に素人には無理なので火災保険申請プロのようなプロのサポート会社に相談するのはかなりおすすめです。火災保険申請プロでは、火災保険はもちろん自然災害の専門知識を豊富に持つスタッフが多数在籍しています。さらに、家屋調査、書類作成は無料でお願いすることができるため、もし被害がなかった場合や申請が下りない場合は費用が発生しない点も安心のポイントです。
火災保険申請プロの公式サイトを見てみる
サイト内検索

【NEW】新着情報

住まいに欠かせない火災保険。さまざまな保険会社が魅力的な保険商品を販売しているため、一体どんな保険を選べばいいのか迷う方も多いでしょう。そこで、この記事では火災保険の選び方について詳しく解説
続きを読む
日本は台風や竜巻、豪雨、豪雪が各地を襲うことが多く、日々の暮らしがたびたび自然災害に脅かされることがあります。自然災害による甚大な被害が大きく報道されることも決して珍しくありません。そこで、
続きを読む
一般住宅やマンション、アパートなどさまざまな住まいを守るために販売されている「火災保険」。加入が必要な保険と思われがちですが、任意保険の一種として販売されており、実は加入が義務ではありません
続きを読む